◆運営管理者 →こうげつ人形

こんな話しってる?
雛人形の選び方
雛祭りのルール
 
雛人形の飾り方 
雛人形のしまい方
 
お雛道具のいろいろ
   
雛祭りの由来といわれ
桃の節句は五節句のひとつ
 

雛人形の原型は〜
 
  ・形代(かたしろ)
  ・天児(あまがつ)
 
・這子(ほうこ)

雛人形に歴史あり〜

 ・紙雛(立雛)
 ・室町雛
 ・寛永雛
 ・享保雛
 ・次郎左衛門雛
 ・有職雛
 ・古今雛
こわくない市松人形の秘密?
 
人形供養について
ひな人形の蘊蓄
雛人形(ひな人形)のTOPへ
 
全国の雛人形の美術館
 
運営管理者 →こうげつ人形
・・・お雛道具のあれこれについて
 

・お雛道具は、雛人形を引き立てるもので、雛祭りになくてはならないものです。
それぞれの名称や役割・存在の意味などを解説いたします。
・屏風(びょうぶ)几帳(きちょう)
屏風(びょうぶ)

・屏風は平安時代などの住環境からして、風除けなどで重要な役割を果たしていました。
雛人形の屏風は結婚式などで見られるものと、ほとんど大差はありません。


・正式には六枚折れで、二組が一対となっています。六曲一双(ろっきょくいっそう)という表現をします。三曲と呼ばれる三枚折れの平型の屏風も使用されていて、オ−ソドックスには金屏風ですが、最近は絵柄の入ったものや黒塗りなどのものが増えてきています。

几帳(きちょう)  



・のれんの様に上から布を垂らしたものを帳(ちょう)と言い、それをT字の木枠から垂らすことで、衝立(ついたて)として動かせるようにしたものを几帳と言います。その大きさから三尺几帳と四尺几帳があり、四尺几帳は部屋を仕切るのに使い、三尺几帳は身の周りに置き、身を隠すのに使われました。

・几帳は、移動可能な隔ての道具です。 土居という木製の四角の台に足と呼ぶ柱をたて、その上に横木をとおし、
そこから帳をたらしたものです。部屋の中が外から見えないように、隔てに用いた屏障具で、貴人の座の脇に立てて使用しました。

・四角形の木の台(土居)の上に、二本の丸柱(足)を立て、横木(手)を渡して、帳を掛けたもので、通常、夏は白の生絹(すずし)に花鳥や秋草など、冬は白の練り絹に朽ち木形の模様を描いてものが使用されました。

・ 几帳が使われ始めたのは平安時代です。当時の貴族の館は寝殿造と呼ばれる建築様式でしたが、寝殿造は間が広く仕切りがないため、外と内を隔てるものは簾と壁代、軟障(ぜじょう)でした。簾は内から外を見通す事はできますが外から内部を覗かれない特徴がありました。しかし、いっそう内が見えないようにするために簾の内側に廂几帳が立てられました。

・内部を小間に仕切る為に使ったのが屏風、衝立、そして座几帳でした。 壁代や簾、軟障は長押(なげし)に下げるもので自由に動かすことができません。屏風、衝立、几帳はどこにでも置くことができ、大間を小さい空間に間仕切るのに重宝だっのです。
・雪洞(ぼんぼり)

■雪洞(ぼんぼり)


「雪洞」と書いてボンボリと呼びます。
灯りをともした状況で「ほんのり」という言葉から生まれたという説もあります。

「雪洞」(せつどう)は雪山でビバーグをする時に掘る、雪の縦穴の事です。
雪と風を避けるために下に穴を掘って、寝床を作ります。場合によっては、テントよりも暖かいらしいですが、雛祭りのボンボリとの関連は形がにているからなのでしょうか?

・三宝(さんぽう)高杯(たかつき)菱餅(ひしもち)膳揃(ぜんぞろい)

■三宝・三方(さんぽう・さんぼう)



◆お雛道具では「おさんぼう」と呼ばれています。一般的には、三宝に瓶子(へいし)が載っていて、その瓶子に水引で飾られた熨斗(のし)が差してあります。熨斗には紅白梅の花がついています。

・「三宝」は、神道から来ているものです。
瓶子(へいし)と三方の組み合わせは現在の神道行事でもみられますが、雛人形に飾られるスタイルに関しては、いつ頃からこのようになったのかは、不明な部分が多いようです。

・「三宝」は神事に用いた神饌(しんせん)の道具が、桃の節句と結びついたものですが、雛人形に関する記録や文献で由来などの解説を探しても、これはと言うものが見つかりません。

・江戸時代の錦絵などを見ても、雛道具の種類は沢山あっても、この「三宝」はどこにも見当たりません。徳川美術館の所蔵品の中にも、「三方」のみはありますが、瓶子(へいし)や水引・花飾りはついていません。

お内裏様の中央に位置していて、かなり目立つ存在ですのに不思議なことです。明治から大正の時代に掛けてくらいからの、比較的に新しい時代になってから、現在のようなスタイルになったようです。

◆「三方」は神の供える飲食物である神饌(しんせん)を載せるための台です。折敷(おしき)と穴があいた台(胴)とで成り立っています。 三方という名称については、穴が三方向に開いていることからつけられたと言われています。台(胴)にあいた穴は「刳形(くりがた)」あるいは「眼象(げんしょう)」と呼ばれ、宝珠(ほうじゅ)の形に彫られています。

◆瓶子(へいし)は神事で酒を入れる器のことで、 祭や祝事等の行事に一対で使用されました。
現在でも神饌具として使われている瓶子は、古く「延喜式(えんぎしき)」に記載があり、中国宋時代の酒瓶であった梅瓶(めいびん)が渡来したのが始まりでした。磁器だけでなく漆器でも製作され、鎌倉から室町時代にかけて作られた根来塗(ねごろぬ り)の朱漆(しゅうるし)瓶子が有名です。
・雛道具の瓶子(へいし) は、ひょうたんから生まれた徳利へと変化していったようです。

◆熨斗(のし)は熨斗鮑の略。鮑を伸ばして用いたことから熨斗鮑と称されました。
江戸時代には長生き長持ちの印と重宝がられ、祝事や慶事の儀式に高価 な贈答品として用いられるようになり、時代の移り変わりと共に熨斗鮑 を和紙に包んだ形を「のし」と称して贈答品に添える風習が根付きました。

・現在の雛人形のお三宝には熨斗そのもは見当たりませんが、奉書と水引の組み合わせと瓶子(へいし)の役目の徳利が、神饌(しんせん)であったことが想像されます。

◆紅白梅の花
・現在の雛道具の三宝は、そのほとんどが紅白の梅になっていますが、桃の節句ですから、本来は桃の花だったはずです。雛道具をつくる職方の考え方や製造工程から、現在のような紅白梅の花となったようです。

◆水引
・奉書にほどこされた水引はお祝い事のしるしです。
花結びはほどくことの出来る結び方で、何度も繰り返してよい一般的なお祝い事であることを示しています。

「水引」の名前の由来は、和紙をよってコヨ リ状にし、よりが戻らないように水糊を引いて乾かし固めたことからといわれています。

水引の歴史は古く、飛鳥時代、聖徳太子の命を受け隋国(中国)に渡った小野妹子が帰朝の際、隋国より日本の朝廷に贈られた贈り物に麻を紅白に染め分けた紐状のものからとされています。
これは帰途の海上の平穏を祈願すると共に、贈り物が真心のこもった品物である事を表したと言われ、日本の朝廷において用いられたこの風習は、平安時代になって紙で元結(もとゆい)を造る事が発明され、元結と共に普及し全国各地で生産されるようになったためと伝えられています。

◆初期の雛祭りには、三宝は神事に使用される大型のものでした。その上の瓶子(へいし)または徳利には白酒(しろざけ)を入れておいたのでしょう。
白酒は 甘くて香りが強く、米・こうじ・みりんで作られる濁り酒です。この白酒には、魔除け(まよけ)の効果があると言われています。


■高杯(たかつき)

  


・高杯(たかつき)は脚台をもつ器です。
縄文、弥生時代からある形で、身分の高い人に献上するための器です。

・雛道具としては、二段重ねの紅白の丸いお餅や和菓子などを載せています。


■菱餅(ひしもち)

  

・菱餅の由来は諸説あります。

・一般的には、緑・赤・白の3色は、健康・魔除け・清浄を表わし、白い雪から緑の芽が出て花が咲くという様子を 表現したといいます。 すなわち、白が雪、緑が草木、ピンクが花に模したというものです。

・菱餅が雛の節句以前はお正月のものであった歴史からすると、この説は後世のこじ付けのように感じますが、ストーリーとしては面白いので、これが現在の雛祭りにはふさわしいかもしれません。

・菱の実は、インド仏典の説話から伝承されたとも言われています。
菱の実によって、子供が龍から救われた伝説が、中国を経て日本に伝わったとのことです。

・平安時代には、草餅の材料として春の七草でもある「御形」(ごぎょう)、別名「母子草」(ははこぐさ)が使われていました。しかし、江戸時代の頃になると、母子草を使うのは、「『母と子をついて餅にする』という意味を想起させられる」と嫌われ、ヨモギで作られるようになったと言われています。

・菱餅の三色は、赤色は解毒作用(げどくさよう)のある赤いクチナシ、緑色は厄除(やくよ)けの力があるとされる「よもぎ」、白色は血圧降下作用のある白い菱(ひし)の実を用いました。
いずれも 薬効(やっこう)のあるものを並べたということですが、着色の材料として古来より伝わっていたものだと思います。


・菱餅が3月3日の節句のもとなったのは江戸時代となってからです。江戸風俗の見聞録である「守貞漫稿」(もりさだまんこう)には、蓬餅は大坂・京都・江戸の三都とも菱形につくり、京都では蓬と青粉、江戸では蓬が少なく青粉で緑色にして、名称は江戸は草餅、京坂はよもぎ餅と呼ぶと記載されています。

・現在の雛人形の菱餅は、赤・白・青の3段重ねだけではありません。
4段重ねや5段重ねなど、色彩も様々なものがあります。
江戸時代の錦絵に登場する菱餅にも同様で、三段重ねに限られてはいません。

◆菱餅の「」とは?

・この菱餅の形については水生植物である菱の水面に浮かんだ葉の形を映していると言われ、尖った形に厄除けや魔除けの意味があるとも言われています。

・菱は 1年生の水草で茎は細長く、 葉は水中葉と水上葉があり、水上葉は菱形をしています。葉柄の部分には、空気を貯えるようにできており、浮き袋のような働きをするので、水に浮くのに便利な植物構造となってます。

菱には薬効のある成分が多量に含まれているので、多くの国で薬用に用いられてきました。日本でも、古くより菱の実を煎じて、解毒、解熱、健胃、下痢止めの生薬として利用されています。

・余談ですが、忍者が敵にまく「まきびし」は鉄製ですが、原型はこの菱の実の形状から生まれたのだそうです。

・箪笥(たんす)長持(ながもち)鋏箱(はさみばこ)火鉢(ひばち)台子(だいす)

■箪笥(たんす)
・衣服や服飾用の小道具などを納める収納家具。
引出しがついていて、江戸時代になって現在の形がつくられました。当然のことながら、お雛道具も江戸時代以降ということとなります。

■長持(ながもち)
・衣服や調度などを納める長方形の大型の箱。
外出用のもので、吊り金具が両方についていて、棒を通して前後二人で担ぐように作られています。

■鋏箱(はさみばこ)
・長持ちと同様に外出の際に必要な衣類・調度・装身具などを納めて、従者に担がせたものです。四角形で、フタがついていて、棒をフタの上に通して肩に担ぎました。
・古来、竹に衣服を挟んで運んだために、「鋏箱」という名前となりました。大名行列では先頭を行くため、先箱「さきばこ」と呼ばれました。

■火鉢(ひばち)
簡略形は四角の箱のみですが、正式な火鉢は「台火鉢」と呼ばれ、猫足形の4本の足のついた四角形をしています。

■台子(だいす)
・茶の湯に使用される移動式の棚のこと。
正式な茶の湯に使用されるもので、風炉・釜・水指・建水・杓立・蓋置の皆具を載せたものです。

・お駕籠(かご)御所車(ごしょぐるま)重箱(じゅうばこ)

■牛車(ぎっしゃ)


・牛にひかせる乗用の屋形車。 御所車とも呼ばれます。乗る人の身分や用途によって、種類があり、名称も異なります。

・ 唐庇車(からびさしのくるま)、雨眉車(あままゆのくるま)、檳榔庇車(びろうびさしのくるま)、檳榔毛車(びろうげのくるま)、糸毛車(いとげのくるま)、半蔀車(はじとみのくるま)、網代庇車(あじろびさしのくるま)、網代車(あじろのくるま)、八葉車(はちようのくるま)、金作車(こがねづくりのくるま)、飾車(かざりぐるま)、黒莚車(くろむしろのくるま)、板車などの名称があります。

・桜(さくら)(たちばな)

■桜・橘(さくら・たちばな)

  

・お雛様には何で桜と橘がつきものなのでしょうか?

・それはお雛様は京都御所をモデルにしたものだからです。
古いお雛様で、「御殿飾り」というのをご覧になった方も多いと思います。

・京都御所のお庭に植えてありますが、中に入るのには許可が必要ですね。
平安神宮でも同様な様式が見られますので、京都に行かれたらぜひごらんください。

・「右近の橘」、「左近の桜」とも呼ばれます。
この場合はお雛様から見た場合の左右ですから、向かって右が桜となります。
左近の桜で「さ」の「さ」と、頭の文字で憶えておきましょう。

・犬筥(いぬばこ)

犬筥(いぬばこ)



・和紙で作られた一対の犬張子。
最近は焼き物でつくられたものが多くなっています。

・赤ちゃんのへその緒をいれたと誤解をされていますが、本来は赤ちゃんの守り神です。
宿直犬(とのいいぬ)とも呼ばれていて、枕もとで幼子を御守りしています。

・近年では愛子さまのお誕生の際に、天皇陛下から贈られて、脚光を浴びています。

・毛氈(もうせん)

毛氈(もうせん

・赤い毛氈(もうせん)は 、お雛様の必需品です。

・最近の雛人形は木製の雛壇や飾り台が増えていますが、やはり緋色のもうせんは雛祭りの定番です。



・毛氈の裾模様は、繧繝(うんげん)模様と呼ばれています。
ぼかしを使用せずに、同系統の色を淡色から濃色に
並列にして色彩の濃淡の変化をあらわす彩色法のことです。
紅・青・緑・紫などの色を多く使います。朝鮮の古墳壁画などにみられ、奈良前期に日本に伝来しました。

【雛人形の選び方】 【雛祭りのルール】 【雛人形の飾り方】 【雛人形のしまい方】 【五節句 

【雛祭りの由来といわれ】 【雛人形の歴史】 【お雛道具のいろいろ】 【市松人形の秘密】 【人形供養】 【美術館】 

運営管理者 →こうげつ人形

このWEBサイトに掲載されている文書・画像・写真等の 許諾なく 複製・頒布を行うことはお断り致します。
Copyright (C)こんな話知ってる?
Since1995 All rights reserved

◆リンクフリ−・こちらのバナ−をご使用ください。
※どちらのペ−ジをリンク下さっても結構ですが、フレ−ムでの使用はご遠慮ください。


ネットショップなどのインターネットの有効利用