◆運営管理者 →こうげつ人形

こんな話しってる?
雛人形の選び方
雛祭りのルール
 
雛人形の飾り方 
雛人形のしまい方
 
お雛道具のいろいろ
   
雛祭りの由来といわれ
桃の節句は五節句のひとつ
 

雛人形の原型は〜
 
  ・形代(かたしろ)
  ・天児(あまがつ)
 
・這子(ほうこ)

雛人形に歴史あり〜

 ・紙雛(立雛)
 ・室町雛
 ・寛永雛
 ・享保雛
 ・次郎左衛門雛
 ・有職雛
 ・古今雛
こわくない市松人形の秘密?
 
人形供養について
ひな人形の蘊蓄
雛人形(ひな人形)のTOPへ
 
全国の雛人形の美術館
 
運営管理者 →こうげつ人形


雛祭りのルールについて

■初節句の祝い方は?■

ご両親や友人、ご親戚や同僚など親しい方をお呼びしてお祝いしたいものです。

自宅でお祝いする場合は、いつもと違って「雛祭りらしい」お料理を並べてみましょう。

平均的な雛祭りのお料理といえば、
「ちらし寿司」 「はまぐりのお吸い物」 「白酒」 「桜餅」 「草餅」などが良いでしょう。

もちろんワインなどでも良いので、お祝いする気持ちが大切です。お子様が皆さんに祝福されるということが、雛祭りの大切なところです。

記念写真も重要です。最近はデジタルカメラですから、たくさん撮影してあげてください。
参加者にも後で送ってあげましょう。

 

■ご親戚・ご友人からお祝いを頂いたら ?■

お祝いを頂いたら、お子様のお名前で「内祝い」としてお返しをします。
お返しする日は、戴いた日より 1 週間くらいを目途にお礼状と「桜餅」「和菓子」「ケーキ」などやお赤飯を添えて送るのが一般的です。

・雛祭りのお祝いは、もらい得の部分が多くて、「金額の半返し」とかいうことはありません。
お祝いを戴いたお宅にお子様やお孫様がお生まれになったときに、同等の初節句のお祝いを差し上げればよいのです。
それが何十年後でも構わないこととなっています。

【雛人形の選び方】 【雛祭りのルール】 【雛人形の飾り方】 【雛人形のしまい方】 【五節句 

【雛祭りの由来といわれ】 【雛人形の歴史】 【お雛道具のいろいろ】 【市松人形の秘密】 【人形供養】 【美術館】 

運営管理者 →こうげつ人形

このWEBサイトに掲載されている文書・画像・写真等の 許諾なく 複製・頒布を行うことはお断り致します。
Copyright (C)こんな話知ってる?
Since1995 All rights reserved

◆リンクフリ−・こちらのバナ−をご使用ください。
※どちらのペ−ジをリンク下さっても結構ですが、フレ−ムでの使用はご遠慮ください。


ネットショップなどのインターネットの有効利用