雛祭りの雛人形・端午の節句の五月人形・鎧・兜・鯉のぼりや、日本人形・フランス人形・盆提灯・祭り提灯などを製造販売する総合人形専門店。
HOME > 雛人形 > 山科紫晃・伝統工芸の技術

◆ ほほえみ顔の人形師 山科紫晃 ◆

山科紫晃作雛人形

■表情豊かな山科紫晃さんの雛人形は、「こうげつ人形工房」のみのお取り扱いです。

山科紫晃作雛人形

山科紫晃作雛人形

山科紫晃氏の雛人形は、見る角度やお衣裳により、様々な表情を見せます。

雛人形にとってお顔は最も大切です。お気に入りのお顔をお選びください。

・「晃月作」の雛人形は、全国各地の人形師や制作工房により生まれます。
「この雛人形はどこで作っているの?」とよく質問されますが、雛人形は分業で制作されます。

・雛人形の本体は、お顔は「頭師」(かしらし)、衣装は「着付け師」、持ち道具を作る「小道具師」、それと雛人形が座る親王台を制作する木工工房がつくります。
・それらを総合的にまとめ上げてセットするのが、「こうげつ人形工房」です。

・お顔や衣裳は、それぞれの人形専門店が独自にアレンジしたりデザインをしますので、
そのような理由で「晃月作」や「○○作」が生まれます。

・雛人形以外では、屏風・ビンボリ・立花・お雛道具・もうせん・雛壇などのメーカーや工房があり、そちらに依頼して制作したものをセットすることにより、伝統的で斬新な「晃月作」が生まれます。

⇒雛人形のいろいろな種類はこちらからご覧ください。