ホーム羽子板破魔弓雛人形端午の節句(五月人形)提灯人形・フィギュア和風小物山車人形

 鎧・兜・鯉のぼり・五月人形をみる

菖蒲と端午の節句について

こんな話しってる?
鎧 兜 五月人形の一覧
五月人形の選び方
鎧兜の選び方と買い方

 

鯉のぼりの選び方と買い方
アルミポールの選び方
アルミポールの立て方
 

端午の節句の由来といわれ

なぜ鎧や兜を飾るの?
なぜチナキ?
なぜ菖蒲?
なぜショウキ様を飾るの?
五色の吹流しの意味は?
人形供養について
 
運営管理 →こうげつ人形

◆菖蒲は薬草だった

・菖蒲は昔から薬草としてよく使われてきました。 煎じて飲むと腹痛にきく、虫下しになったり 打ち身の治療にも使われてきました。根は漢方薬として使用され、胃薬、解熱、ひきつけ、創傷などの薬にもなります。

・五月五日に菖蒲湯をたててはいるのも、無病息災を念じたものだからです。

・葉を数枚入れると独特の香りがして、体が暖まるといいます。お湯につかったやわらかい葉を頭にまくと、頭が良くなる、腹のまわりにまくと病気をしないなど・・・・・・・・・。

・武家社会のときに、菖蒲がもてはやされたのも尚武(武を尚ぶ)に通じたからともいわれています。

・葉の形が剣に似ているので、子供達が束ねて刀の代用として遊びの道具にも使用しました。 この日を騎射節、馬射節と呼び、武技を奨めたという史実も残っています。

◆アヤメと杜若(かきつばた)、そして菖蒲

・あやめ かきつばたは アヤメ科。 ショウブはサトイモ科の仲間です。
似ているので混同してしまいます。



こうげつ
運営管理 →こうげつ人形

株式会社 晃月人形

〒370-0841 群馬県高崎市栄町15-20(高崎駅東口前)
TEL:027-327-2223 FAX:027-327-8055

このWEBサイトに掲載されている文書・画像・写真等の 許諾なく 複製・頒布を行うことはお断り致します。
Copyright (C)こんな話知ってる?
Since1995 All rights reserved

■リンクフリ−■
※どちらのペ−ジをリンク下さっても結構ですが、フレ−ムでの使用は禁止いたします。